脊柱管狭窄症に効果的なホットパック治療

脊柱管狭窄症という疾患がありますよね。

 

これは脊柱にある脊柱管と神経を包む管が狭くなってしまって起こるものであり、特に年齢を重ねてくると起こりやすくなる疾患の一つであり、ヘルニアにも繋がっているとされています。

 

この脊柱管狭窄症を改善する治療方法というのはいろいろとありますが、ホットパックというのもその一つです。

 

ホットパックというのは患部を温めることによって治療をするというものです。
患部を温めることによって血行が改善されます。

 

血行が良くなると痛みの原因となる物質であるヒスタミンやブラジキニンといったものが除去されるため痛みを軽減することができます。

 

脊柱管狭窄症になると動くのも結構辛い状態になってしまうこともあるかと思います。

 

病院に行くのも辛いという場合もあるでしょうけれど、ホットパックであれば自宅でも気軽に治療することができます。

 

ホットパックで患部を温めて痛みを緩和することができれば、病院にも行きやすくなりますよね。

 

それに患部を温めることで全身の血行も良くなり、自己治癒力が高まるので健康にも繋がりやすく、脊柱管狭窄症の治りも早くなるという効果も期待できるわけです。

 

ホットパックは注射や薬のように痛みや副作用もないので安心して利用できます。