肩こりにも効果的なホットパック

病院へ行くとよく行われる治療法の一つにホットパックというものがありますね。

 

ホットパックという名前はあまり知られていないかもしれませんが、要は患部を温めて治療するという治療方法のことですね。

 

このホットパックは病院だけでなく自宅でも使うことができるということで人気が高まっています。

 

例えば身近な使い方としては肩こりの痛みを緩和するなんていう使い方もできるのです。

 

肩こりが起こる原因というのは様々ですが、その一つには血行が悪くなるというものもありますよね。

 

ホットパックでは患部を温めることで血管を拡張してくれる効果があります。
血管が拡張すればそれだけ多くの血液が流れやすくなるわけですから、それはすなわち血行が促進されるということになります。

 

血行が良くなると痛みの原因ともなる物質を取り除くことにもなりますので痛みを解消することができ、また、肩こり自体を解消させることというのもできるわけです。

 

また、ホットパックの種類にもよるかもしれませんが、ある程度の重みがあるものなら肩に重みを感じることでマッサージをしているような気持ち良さというのもあるでしょうし、もちろん温めることの気持ちよさやリラックス効果というのも期待できますね。