ホットパックの効果について

打撲や捻挫、リウマチや関節痛など様々な症状の治療に用いられており、医師からの人気も高い治療法なのがホットパックです。

 

ホットパックと言われてもピンと来ないかもしれませんが、病院などで患部を温めるために使われる治療方法であり、実際に利用したことがあるという方も実は多いのではないでしょうか。

 

患部を温めるホットパックですが、どのような効果が期待できるのでしょうか。

 

ホットパックというのは患部を温めるわけですが、含水率の高い末梢血管や皮膚を加温することで血管拡張の効果があります。

 

血管を拡張するということは血流が良くなるということですね。

 

血行が悪いと様々なマイナスな症状が出るというのはみなさんご存じだとは思いますが、ホットパックで温めることによってそういったマイナスを解消することができるというわけですね。

 

特に血行さ促進されることによって痛みの原因物質となっているヒスタミン等が除去されて、様々な症状において痛みを軽減してくれるという効果が期待できるのです。

 

痛み止めの薬や注射などに頼ることなく、温めることで痛みを和らげ、人間の持つ自然治癒力を高めることができるという治療方法なわけです。

 

副作用などもないわけですから、安心して利用できる治療方法ですね。